実は誰でもなれる!難しくないプログラミング入門方法

プログラミングに興味はあるけど、

なんだか難しそうで自分にはできなさそう…

こんなイメージを抱えている方って結構多いと思います。

果たして本当にそのイメージって正しいのでしょうか?

特殊能力が必要?

プログラミングについて相談を受けると、数学的思考が必要とか、特殊な能力が必要とか

結構そんなイメージを持っている人が多いです。

しかし、これは誤解です。

まぁ確かに昔のプログラマはさっき言われたような技術や才能が必要だったかもしれません。

ただ、これらの技術や才能は近年プログラマになるためにほとんど必要なくなってしまっていると言えます。

イメージってなかなか時代が変わっても変わらないもので、難しいと思い込んでしまっていますが、

実は偏見を持っていない環境で育った子は小学生とかでもガンガンプログラミングしてたりします。

何が変わったのか?

ここが分からないと「わかった!自分にもできそう!」とはならないですよね笑

これはプログラマを取り囲むツールやシステム、言語などの進化です

昔のプログラミングは世の中に無いものを自分の発想でほとんど1から設計して、PCのスペックの限界を引き出して物を作り上げていたわけです

今のプログラミングはどうかというと、ネットで少し調べれば死ぬほど転がっている既存物をうまく自分でつなげるだけで十分に仕事ができています。

イメージで言うと、昔のプログラマは石と棍棒で動物を狩ってご飯を食べていましたが、今のプログラマはスーパーに並んでいる食材を買って帰るだけ

そのくらい違います

世界は進化している

皆さんが想像している以上の速度で世界は進化しています。

ちょっと分からないことがあればGoogleで検索すればなんでも答えが手に入ります。

英語の文献に当たってしまって読めない!とかいう状況になっても、ブラウザの翻訳機能を使うだけでものの数秒で全てを日本語に翻訳してくれる。

昔の人からすれば夢のようなアイテムが転がっている状態です。

実際どうすればいいのか?

もし、プログラミングに興味があるけど一歩踏み出せないという方は「プログラミング入門」とか「progate」なんかでググってみてください。

当たり前に無料でプログラミングが勉強できる動画なんかがころがってますよ。

スクールを探すなんてそれをやってみて限界を感じたらやればいいんです

あなたがもしプログラマになりたいと思うならその最初の一歩を踏み出してみる事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です